結婚指輪の本当の意味~左手の薬指の秘密~

「どうして結婚指輪は左手の薬指につけるの?」
「何か意味があるの?」
「どうして指輪なの?」と思われことはありませんか?
また、その本来の意味をご存知でしょうか?

 

指輪というものには、そのリングの形からループする「永遠」の意味があります。だからこそ「末永くともに過ごす」ために、結婚時に指輪をはめるのです。

 

また、多くの方が思われている左薬指にはめる理由ですが、これも昔の人たち、主に古代ギリシャでは左薬指には心臓に繋がる太い血管があり、心臓と言えば“心”がある。そのため、左薬指に着けるのが習慣になった説があります。

 

また、他にも薬指には強い魔力があり、その不思議な力が愛の力を強めるといった解釈もあります。どれも、ロマンチックであるのですが、現代の私たちのイメージとはかけ離れた理由かもしれませんね。

 

また、面白いことに現代の意見ですと薬指は実際あまり指であるので、指輪も傷つきにくく失くす可能性も低いので、都合がいいとも言われています。もちろん、左手ならなおさらでしょう。

 

いかがでしたか?意外にも、左手の薬指は思った以上にたくさんの意見がありますが、不思議なもので、何かしら結婚へ通ずるものがあるのです。