結婚式って大安じゃないといけないの?〜3〜

「大安だとなかなか都合がつかない!」
「ふたりにとっての特別な日に結婚式を挙げたい」
「列席者の人が参加しやすい日取りにしたい」
このような理由で大安以外の日に結婚式を挙げたいという方は多くいらっしゃるかと思います。
前回までの記事でご説明した通り、大安や吉日に結婚式を挙げることへの考えは根深いものの、お二人にとってそれが問題でないのであれば日取りにこだわりすぎる必要はありません。
しかし、それがもとでトラブルなどを起こしてしまっては元も子もありません。
今回は仏滅に式を挙げる場合の注意点をまとめました。

・親族などへの説明・説得
一般的に、若い世代であるほど六曜への信仰は薄れている傾向がありますが、年配の方などでは縁起を強く気にされる方もいらっしゃいます。
そういった場合に説明できるように「列席者の人が参加しやすい日取りにしたい」「この日が二人にとって特別である」といった理由を説明できるようにしておきましょう。
また、結婚式の日取りは両親などと相談して進めると後に角が立たないため、スムーズに行えます。
入籍と式を分けて考え、入籍を大安に行うことも説得の一手になるかもしれません。

・ゲストや親族への配慮
多くの場合(特に仏滅であれば)、大安以外だと結婚式のプランが格安になることもあります。
だからといってそれを理由に選んだと勘ぐられてしまうことは心象によくありませんし、ご年配の場合は吉日以外の式をやはりよく思わない方もいらっしゃる可能性もあります。
これは個人の信心に関わることなので避けようのないことかもしれません。
気になるようであれば挨拶の機会などにこの日を選んだ理由などを説明しても良いでしょう。

結婚式って大安じゃないといけないの?〜2〜

前回の記事では定番の大安式についての一般的な利点と欠点をご説明しました。
その記事を読まれて、「大安以外で結婚式を挙げてはダメなのか?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。。
そもそも、六曜は日本とは何も関係のない信仰であるため、これに則る必要性はありません。
そのため、近年では薄れてきているようですが、特に結婚式についてはまだまだ根強い大安信仰があるようです。
今一度、六曜について見直してみましょう。
今回は大安以外で式を挙げる際の利点と注意点を見ていきましょう。

・大安以外で結婚式を挙げるメリット
会場によっては大安日以外の料金が安く設定されている場合があります。
また、一般的に避けられる曜日には予約も取りやすく列席者の方に配慮したスケジュールで式を行える場合が多い様です。

・大安以外で結婚式を挙げるデメリット
新郎新婦が気にしない場合でも、親族の方などが気にされる場合があるかもしれません。
特にご年配の方は結婚式といえば大安という考えが強く、トラブルになるケースもあるそうです。
計画をされる前に一度、説明をしておいた方がよいかもしれませんね。

・大安以外に縁起の良い日はあるの?
六曜は先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口という風に、日替わりで繰り返します。
この内、祝い事に縁起が良いとされるのは、大安、先勝(午前中のみ)・友引・先負(午後のみ)があり、実際にこれらの曜日が結婚式の日取りランキングでも上位となっているようです。
特に大安はすべての事柄において良い結果が出ると言われているので、最も人気となっています。
一方で、大安と対極をなす仏滅という日ではすべての事柄が悪い結果となると言われており、祝い事を行うのを避ける方が多いようです。

今回は、大安以外で結婚式を挙げる場合の利点、注意点をご説明しました。
結婚式に親族の方を呼ばれる場合は、その人達からも意見を聞いてみましょう。
もしかしたら、それによって最高の結婚式に成るかもしれませんよ。

結婚式って大安じゃないといけないの?〜1〜

結婚式を行う日取りといえば、昔から「縁起がいいから大安」と言い、好んで大安の日に開かれることが多いです。
そもそも、大安というのは六曜という暦注(暦の上で十二支や陰陽道などを基に、その日の吉凶を決める)のひとつで、最も何かを行うのに適している吉日として古くから信じられてきました。
ふたりの人生の新たな日の出となる結婚式ですから、このような縁起を担ごうとするのもこれからの幸せを願うからこそ。
しかし、記念日や予算・時間の都合などで大安以外に式を挙げたい方も多いはず。

今回からの記事ではこのような結婚式にまつわる縁起や疑問についてご説明していきます。

・大安に結婚式を挙げるメリット
祝い事に適しているとされているだけあって、親族の方やパートナーとの話し合いでも角が立たずに計画を立てることができるでしょう。

・大安に結婚式を挙げるデメリット
予約が集中しやすいため、予約が取りにくく、仮に取れた場合でも会場の予定が詰め詰めでゆとりのある式が行えない場合などがあるそうです。
また、大安のみで日取りを考えた場合、列席者の方が参加しやすい土日などを確保することは更に難しくなります。

次回以降の記事では大安以外に式を挙げる場合の疑問についてお答えします。

結婚式ってどのシーズンがベストー秋冬編ー

「結婚式にベストなシーズンっていつなのだろう?」と考えたことはありませんか?前回は春・夏ウエディングの特徴についてご紹介させて頂きました。本日はそれらに引き続き、秋・冬ウエディングの特徴についてご紹介させて頂きます。

・色鮮やか!オータムカラー仕様の秋ウエディング
秋は過ごしやすく快適な気候が続き、紅葉シーズンも重なるためカップルにとても人気の季節です。また、もみじの葉っぱや松ぼっくり、木の実などを仕様したテーブルコーディネートやハロウィンをテーマにしたおしゃれな演出が出来るということも秋ウエディングならではの魅力です。

・ロマンチックな冬ウエディング
冬は肌寒く、クリスマスや年末年始を控えた忙しい時期であるため、このシーズンに結婚式を挙げるカップルはあまり多くはありません。しかし、冬の季節は「クリスマスやお正月、バレンタインデー」などカップルの距離を近づけるイベントがたくさんあり、それらをテーマにした演出をすることが可能です。イルミネーションが最も映える季節でもあり、一生心に残るロマンチックな結婚式になることは間違いありません。

いかがだったでしょうか。どのシーズンの結婚式もそれぞれに違うカラーがあり、その季節ならではの演出が出来ます。人気がある月、あまりない月はありますが、それが自分たちカップルに当てはまるかどうかは別問題です。2人でじっくり話し合って自分たちらしい最高の結婚式を挙げて下さいね。

結婚式ってどのシーズンがベストー春夏編ー

「結婚式にベストなシーズンっていつなのだろう?」と考えたことはありませんか?安心してください春夏秋冬どのシーズンも良いポイントがたくさんあります。その中でも本日は「春ウエディング、夏ウエディング」の特徴についてご紹介させて頂きます。

・お花いっぱい春ウエディング
可愛らしいお花に囲まれ、結婚式を挙げるのは女性の憧れではないでしょうか。春ウエディングはその願いを叶えます。3月から5月にかけて梅や桜、また、バラやチューリップなどたくさんの花が咲き乱れます。このシーズンに結婚式をあげることでウエディング雑誌に掲載されているような可愛くておしゃれな写真を残せること間違いなしです。

・青い空、鮮やかな緑のもとで夏ウエディング
青空と緑が美しい夏のウエディングでは自然溢れる結婚式を演出することが出来ます。ビーチや海をテーマにするとハワイアン風ウエディングとして、色鮮やかなインパクトあるセレモニーとなるでしょう。日差しが強く暑すぎるといったデメリットが気になる方は、ロマンチックな演出が出来るナイトウエディングを選択するのもおすすめです。

いかがだったでしょうか。春も夏も、そのシーズンならではの素晴らしい演出があり、迷ってしまいますね。次回は「秋ウエディング、冬ウエディング」の特徴についてご紹介させて頂きます。

幸せゴロ合わせで日取り!

結婚式の準備は順調に進んでいますか?何月何日に式を挙げようかと迷われている方におすすめです。本日はちょっと変わった日取りの選び方についてご紹介させて頂きます。

・ゴロ合わせで縁起良く日取りを!
最近、ポッキーの日(11月11日)や肉の日(2月9日)といったゴロ合わせした日の呼び方をよく耳にしますね。結婚式においても11月22日(良い夫婦の日)や10月8日(永久の日)などといった縁起の良さそうなゴロ合わせやロマンチックなゴロ合わせをしたものが有名ですね。他にも2月9日(福の日)や、3月9日(ありがとうの日)、4月22日(良い夫婦の日)、5月23日(恋文の日)などといった幸せや感謝を表すゴロ合わせはたくさんあります。日取りに迷われている方はぜひゴロ合わせで結婚式を挙げるのにぴったりの日を選んではいかがでしょうか。

・自分たちにぴったりのゴロ合わせ
もし、相手の笑顔に惚れたことがきっかけで結婚に至ったのであれば8月8日(ハハの日)でもいいでしょうし、2人ともネコが大好きというのであれば2月22日(ニャンニャンの日)というのもユーモアがあり一生忘れられない記念日になるはずです。

いかがだったでしょうか。六輝・六曜にそった日取りを選ぶのも良いと思いますが、一生に一度の忘れられない日に二人だけの思いのこもった日取りを考えるのも楽しいかもしれませんね。

結婚式の曲選びで気を付けること 後編

みなさんこんにちは。
ウェディングのトールサポートをおこなっているマル得ウェディングです。

前回に引き続き、今回も結婚式の曲選びで気を付けることについてお話ししようと思います。前回の記事を読んでいない方は先にそちらを読んでみてください。

・何も考えずに好きな曲ばかりを使わないように
前の記事でお話ししたように、自分の好きな曲を何が何でも式のBGMに使おうというのはあまりおススメしません。というのも結婚式というのは一連の流れがあるというのを意識しなければならないからです。場面転換のときにうまくBGMで抑揚をつけるというのも大切ですが、場面に合った曲は何かということを考えずに好きな曲ばかりを使ってしまうと、雰囲気作りに失敗してしまいます。

・統一感を出そう
おススメなのが、選曲に統一感を出すということです。二人で何かテーマやイメージを決め、それに沿った選曲をすることで、式にオリジナリティを出すことができます。例えば、二人の好きなアーティストの曲に統一したり、映画が好きとうことで映画音楽に統一してみるというのも面白いですね。

2回にわたって結婚式の曲選びに関してお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?
結婚式のBGMというのは、式の雰囲気を決定づける重要な要素です。
ですので、二人で話し合ってよく考えたうえで決めることをおススメします。
その際には、お伝えした内容を参考にしてみてください。