実は種類がたくさんある?結婚式でのYシャツ選びとは?

結婚式において重要になってくるのはやはりスーツ、そうお考えだと思います。
確かに最も大事なのは、スーツであることはいうまでもありません。
全身のほとんどを占めるスーツがダメであれば、あなたの評価だけでなく、
結婚式まで台無しにしてしまう可能性があります。

 

しかし大事なものはまだあります。
それが「Yシャツ」です。
「Yシャツが大事?」
「白でいいんじゃない?派手でなければ・・・」
というように思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
結婚式が初めてという方もいらっしゃると思いますので、ここでYシャツについて詳しくお伝えしていこうと思います。

 

Yシャツは基本的に白の襟付き、レギュラーカラーかセミワイドを選べば、問題ありません。
黄色や水色、ピンクといった色付きシャツでも薄めの色なら大丈夫です。
ボタンダウンのシャツはカジュアルウェディングには良いのですが、
フォーマルな式は避けたほうが無難といえます。

 

着用NGなのは派手な色や柄、カジュアルすぎるシャツです。
さすがにこれは着ちゃダメでしょ、というYシャツでない限りは大丈夫です。
控え目な色や柄を選びましょう。

 

服装はかなり大事です。
スーツばかりに気を取られず、Yシャツもしっかりとしたものを選ぶことを心がけてください。

おしゃれに着こなす結婚式のファッション~革靴編~

「人よりもおしゃれに着こなしたい!」
結婚式というある程度決まった服装の中で、自分は一味違った方法で
個性を表現したい、そう考えている方もいらっしゃるかと思います。

 

そこで今回は「結婚式は服装だけじゃない!おしゃれアイテムで個性を表現~革靴編~」をお伝えしていこうと思います。

 

ひとえに革靴といってもお分かりの通り、たくさんの種類があると思います。
形、色など靴に興味がある人にとってはこだわりがありますが、
多くの人は最低限のことしか知らないと思います。

 

しかし逆に言えば少し知識を知ってしまえば、おしゃれに見せることができるのです。
よく「おしゃれは靴から」なんて言葉を耳にすることもあるでしょう。

 

色に関してですが、基本的に結婚式では「黒」が無難です。
茶色などは確かにおしゃれですが、あくまでも結婚式を挙げる人たちが主役なので
そこは控えめな色にしたほうがいいといえます。

 

また形に関してですが、特にこれがダメといったものはありません。
しかし先程もお伝えした通りあくまでも主役は結婚式を挙げている新郎新婦です。
ローファーやスニーカーなど常識的に考えておかしいものや
ワニ柄の靴など動物の殺生をイメージさせるものだけは身に着けていかないようにしましょう。

 

これらを踏まえて自分のスーツや体形にあった革靴を選んでみて下さい。

結婚式の準備は何をすればいいの?〜直前〜

国内挙式

 

結婚式直前もあまり休む時間はないかもしれません。
重要な内容も残っていますので、ご確認してご自身のことに当てはめて考えてみてくださいね。

・エステやネイルサロンへ行く
やはり何と言っても、花嫁の方はご自身を最大限、綺麗にしておきたいものですよね。
ギリギリのこの時期だからこそ、エステ、ネイルサロンなどで美しさを手に入れておきましょう。

・席次表を作っておく
招待状の返答から、実際に席次表を作っておきましょう。
また、出席してくれる方の名前をしっかり確認し、誤字脱字などがないかチェックしておいてください。

・新郎、新婦の挨拶を考えておく
挨拶の内容につきましては、なかなか決まらないという方も多く、中には前日に徹夜をして準備する方もいますから、そういったことにならないよう1週間前までには完成させるようにしましょう。

・お心付け、お車代、の準備
プランナーやスタッフの方に感謝を込めてお心付けというものをすることがありますが、参加者の人数に応じて決めておきましょう。
また、遠くから来てくれた方にお車代を渡しますが、誰に渡すのかということに悩まれることがありますので、事前に決めておきましょう。

いかがでしたでしょうか。
新郎、新婦でこういった内容をしっかり準備していかなければなりませんが、時間的に余裕を持って、楽しめる心持ちで取り組んでいってくださいね。

結婚式の準備は何をすればいいの?〜1ヶ月前〜

今回は1ヶ月前にしておくべきことについてご紹介していきます。

いよいよといった感じで、かなり忙しさを感じる時期になってきますので、体調管理はしっかりしておいてくださいね。

 

・ヘアメイクのリハーサル
こちらは当日、花嫁のイメージを作っていくための大切な作業になってきます。
普段のメイクとは違う華やかなメイクに、ご自身でも驚かれるかもしれません。
結婚式当日は、友人たちの前での晴れ舞台ですから綺麗に飾りたいですよね。
ですから、スタイリストには納得のいくまで綺麗な状態に仕上げてもらってくださいね。

 

・披露宴の演出
披露宴では音楽を流しますが、この時期にご自身の好きな曲や雰囲気にあった曲を選んでいきます。
式場の担当者としっかり話し合って、相談していくといいですね。

 

・招待状の返答の確認
どのくらいの規模の結婚式になるのかという具体的な内容は、この時の参加率によって大きく左右されますので、しっかり確認しておきましょう。
料理の準備等、人数が確定しないと決められないことをここでようやく決めていける段階に入ります。

 

非常に忙しそうな時期ですが、結婚式を素敵な思い出の残るイベントとして成功させるためには、どれも重要な準備になってきますので、楽しみながら着々と進めていきましょう。

 

次回は結婚式直前にしておくべきことについてです。

結婚式の準備は何をすればいいの?〜2ヶ月前〜

結婚式の準備は何をするべきかご存知でしょうか?

 

実は、想像以上に時間と手間がかかり、思っていたようにスムーズに事が進まず、喧嘩になってしまうカップルもいるのです。

 

そこで、今回から結婚式の準備すべきことについてご紹介していきます。

まずは2ヶ月前の時点ですべきことについてです。

 

・招待状の発送
2ヶ月前の時点では、結婚式場やその見積もり費用などかなり具体的に内容が決まってくる時期なので、友人へ招待状を送りましょう。
参加者の人数によって最終的な費用が決まってきますし、招待された側もこの時期ならまだ予定を合わせられるという方も多いので、2ヶ月前には発送しておくことをおすすめします。

 

・披露宴の演出や余興の依頼
実際に結婚式がどのような流れで進んでいくのかを決めていきましょう。
同時に、招待状に一筆添えた上で、余興をしてくれそうな方へ依頼しておくと、お相手の方も助かります。

 

・司会者を決める
進行の内容が決まった時点で、司会者の方を決めていきます。
ご自身のことをよくわかっている友人の方に依頼するのか、進行に慣れている盛り上げる技術を持ったプロに頼むのか、といったことを考えながら選ぶといいですね。

 

こういったことは手伝ってくれる方の負担も考えて、なるべくこの時期には終わらせておきましょう。
次回は、1ヶ月前にしておくことについてご紹介します。

結婚式に友人を招待するときの注意点〜異性の友人〜

前回、前々回と、結婚式に友人を呼ぶ際の注意点についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

今回も引き続きご紹介していきますので、それらを踏まえた上で、是非ご確認くださいね。

今回は、結婚式に異性の友人を呼ぶ際の注意点についてです。

 

新婦が学生時代の男友達を招待する、新郎が学生時代の女友達を招待する、こういったことは基本的に結婚式においてマナーがいいとは言えません。
とは言いましても、仲の良かったグループの友人など、どうしても招待したい異性の友人は少なからずいらっしゃいますよね。
ですから、結婚式で異性の友人を招待するときには、なるべく最小限に抑えた人数にするのが好ましいでしょう。

 

やはり、相手の親族の方にとっての心象を考慮すると、守るべきマナーだと言えるのではないでしょうか。
家族の間ではよく知った間柄という場合もありますが、親族となると簡単に理解できないことも考えられます。
このような理由で、異性の友人を大勢招待することは、マナー違反として位置付けられるようになったのです。

 

こういった問題は新郎、新婦だけの問題ではなく、家族間の問題に発展することも実際にあるようですので、余計な問題を生じさせることのないようにしましょう。

 

以上が友人を招待する際の注意点になりますが、せっかくの晴れの舞台ですから、お二人にとっても、お互いの親族にとっても楽しめるものにしてくださいね。

結婚式に友人を招待するときの注意点〜招待する人数〜

結婚式に友人を呼ぶということについて、「大勢の友人に囲まれて祝われたい」という方や
「小規模で本当に心の許せる間柄のみ招待したい」という方など、様々です。

そこで今回は、友人を招待する際に注意する点として、人数ということについてご紹介します。

・両家同じ規模の人数を出す
まず把握しておくべきなのが、結婚式というのはお二人の祝い事ですが、お二人のためだけのものではなく、両家のためのものであるということです。
ですから、招待する友人の数に大きな差があってはならないのです。
一方の友人が多い場合は、式場でのバランス的に見てもあまりきれいな形ではなく、宅数を揃える必要が出てくるかもしれません。

・人数を合わせるのはマナー
例えば、新郎側に大勢の友人が来て、新婦側に来ている友人が少ない場合、やはり新婦側の友人や、特に親族の方にとっては恥をかかされることになるのです。
またこの場合、新郎側の親族、友人から、友達の少ない人だという印象を与えてしまうことにもなりますよね。
これは、新婦側にとって当然好ましい状態ではないので、両家同じくらいの人数を招待することがマナーとされています。

せっかくの結婚式というイベントの中で嫌な印象をお互いに与えないためにも、招待する人数にはしっかり気を使いましょう。
次回は、異性の友達を招待するときの注意点についてご紹介していきます。