結婚式に身につけてはいけないアクセサリー その3

 

前回、前々回は結婚式で身につけてはいけないものについてお話ししていきました。でもまだまだアクセサリーはありますよね。
「ではほかのものは一体どうなんだろう・・・。」
「結婚式につけてはいけないものを知りたいな。」
このような印象を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は結婚式で身につけてはいけないわけではないが、避けるべきものについてお国内挙式話ししていこうと思います。

・不安定なものは注意が必要
アクセサリーの中でもイヤリングなどのものは一体どうなんでしょうか。実はこのイヤリングやピアスもあまりいいものではないとされています。

この理由はイヤリングやピアスってどうしても身につけていると左右に揺れてしまいますよね。それが不安定という印象になってしまい、家庭が安定しないといったことを連想させてしまうんです。

オーダーメイドウェディング

したがって相手の立場からしてもいい印象を持ってもらうことはできないですよね。せっかくの結婚式で初めから嫌な印象を与えてしまうと考えるとやめておこうと感じることでしょう。

いかがでしたでしょうか。結婚式であまり身につけない方がいいものについてお話ししていきました。ぜひ皆さんも結婚式にいかれる方は注意しましょう。

結婚式に身につけてはいけないアクセサリー その2

フォトウエディング

前回は結婚式で身につけてはいけないものについてお話ししました。しかしまだまだアクセサリーについては注意しなくてはいけないことがあるんです。
「え、まだまだあるの!?」
「結婚式のアクセサリーについてもっと知りたい。」
このように感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は前回と同じように結婚式で避けるべきアクセサリーについてお話ししていこうと思います。

・時計は実は結婚式には向いていない
普段身についているものに時計が挙げられることでしょう。しかし、結婚式の場に関してはあまり時計というものはいいとされていないんです。

特に結婚式のようなフォーマルな場合は本来は腕時計などは避けるべきものです。
その理由は主に時計を見につけていると時間を気にしていると勘違いされてしまうからなんです。
やはりせっかくのパーティで時間を気にしていると思われたら失礼ですよね。

 

国内挙式

したがって、このような場合はマナー違反になってしまうんです。また、これは結婚式だけではありません。もっと身近なパーティや葬式なような場所でもあまり時計はしていかないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。腕時計に関して知ることができましたね。ぜひ結婚式に参加される方は時計を身につけないようにしましょう。

結婚式に身につけてはいけないアクセサリー その1

オーダーメイドウェディング

皆さんは結婚式に身につけてはいけないアクセサリーと聞いて、どのような印象をお持ちでしょうか。
「え、結婚式にタブーなアクセアリーなんてあるの!?」
「これから結婚式だから知っておきたいな。」
このように感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は結婚式で身についてはいけないアクセサリーについてお話ししていこうと思います。

・花嫁と被ってしまうようなアクセサリー
やはりまず最初につけてはいけないアクセサリーは花嫁と被ってしまうようなものでしょう。
結婚式では花嫁がいちばんの主役になってきます。その中で、派手なものを身につけてしまうと、逆に目立ってしまいあまり印象がよくありません。

したがってあまり花嫁とは異なるようなアクセサリーを身に付けるようにしましょう。花嫁とは被らないようにするためには生花やコサージュのようなものがついた大飾りのものは被ってしまいがちなのでぜひ避けるようにしましょう。

また、ティアラなどを印象させるようなものもあまりよくありません。このようなものも花嫁と被ってしまいがちなので注意しましょうね。

いかがでしたでしょうか。身についてはいけないアクセサリーについて知ることができましたね。ぜひこれから結婚式に行くという方はぜひ避けるようにしましょうね。

あなたに似合うウェディングドレスの選び方とは 〜ミニ丈・アンクル丈編〜

国内挙式

ウェディングドレスと言えば、後ろの裾が長くてエレガントなドレスをイメージする方も多いでしょう。
しかし長い裾ではなく、反対に短い裾のドレスもあるんですよ。
今回は、ミニ丈とアンクル丈のドレスをご紹介致します。

まずはミニ丈をご紹介します。

ミニ丈ドレスは、膝よりも短い長さのドレスです。
まるでミニーちゃんのような可愛らしさがあります。
1.5次会や2次会のような、少しカジュアルな場面にふさわしいでしょう。国内挙式
足が見えるので、美脚には自信があるという方には特におすすめです。

次にアンクル丈のご紹介です。

アンクル丈は、足首が見えるくらいの丈のドレスです。
ドレスだけでなく、最近はスカートやガウチョなど、裾がふくらはぎから足首くらいのミモレ丈が流行りましたよね。
細い足首が見えることで、全体的にすらっとした印象を与えられます。
また、裾が地面につかないため動きやすいです。
エンパイアラインもボリュームが少ないため動きやすいのですが、エンパイアラインよりももっとふわっとしたボリュームがほしいという方にはぴったりでしょう。

また、ミニ丈もアンクル丈も普通のドレスならあまり見えない靴を見せることができるので、ドレスにマッチした素敵なヒールを選んでくださいね。
アンクレットをつけるのもおすすめです。

ミニ丈やアンクル丈で、個性派に挑戦してみてはいかがでしょうか。

あなたに似合うウェディングドレスの選び方とは 〜エンパイアライン編〜

 

海外挙式

前回は大人っぽくて女性らしい、人魚のようなマーメイドラインをご紹介致しました。

今回は、エンパイアラインについてご紹介致します。

エンパイアラインは、胸の下にウエストがくるハイウエストなデザインで、スカートは広がりが少なく、真下にスルンと裾が落ちるような形です。
縦のラインがとても綺麗に見えますし、ハイウエストなので足が長く見えます。
可愛らしいデザインが多いので、背の小さな方は足長効果を生かしつつも、大人っぽくなり過ぎずに着こなせるでしょう。
また、お腹の締め付けがないため、妊婦さんにもおすすめのドレスですよ。

 

海外挙式

エンパイアラインのドレスはボリュームに欠けるのでは?と懸念される方もいらっしゃるでしょう。
しかしボリュームが少ないからこそ、飾らない姿で、ナチュラルな雰囲気を演出出来ます。
ゲストハウスウェディングのようなアットホームな結婚式や、親しい親族や友人だけの少人数の結婚式なら、あまり派手すぎない飾らない姿の方が好印象かもしれませんね。

その上、ゲストハウスでガーデンパーティーやプールサイドでの乾杯などをされる場合、エンパイアラインは狭い場所でも非常に歩きやすいのでぴったりでしょう。

こじんまりとしたアットホームなウェディングにしたい方や、華奢で可愛らしいドレスが好みな方にはおすすめですよ。
一度試着されてみてはいかがでしょうか。

あなたに似合うウェディングドレスの選び方とは 〜マーメイドライン編〜

前回は、プリンセスラインについてご紹介致しました。
プリンセスラインは、まるで本当のお姫様になった気分になれる、フワフワで豪華なスカートがポイントでしたね。

90364_original

今回は、マーメイドラインのドレスをご紹介致します。

マーメイドラインは、まるで人魚のような形のドレスです。
上半身から腰または太ももあたりまでは体にフィットしていて、裾が人魚の尾びれのように広がったドレスです。
体のラインが見えるので、女性らしさを一番引き出せるドレスと言えるでしょう。
また、大人っぽい上品なセクシーさを演出することも可能ですよ。

先ほどもお話しした通り、上半身から腰または太ももあたりまでがフィットするタイプです。
ですので、ボディラインに自信のある方にぴったりでしょう。
腰の位置も分かりやすいので、背の低い方よりは背の高い方に向いているかもしれません。

また、裾の広がり方はドレスによって様々です。
ゴージャスな存在感のあるドレスが良い方は、裾にフリルがついていたり、裾が長くなっているものが良いでしょう。
反対に、ガーデンパーティーなどで沢山動くという方は裾があまり大きく広がらないシンプルなものが動きやすくて良いですよ。

マーメイドラインは、少しハードルが高いとお考えの方も多いかもしれません。
しかし上半身から腰までのボリュームがない分、ヘアアレンジでボリュームを出したり、大きな髪飾りをつけると豪華らしさも演出できますよ。
一度試着されてみてはいかがでしょうか。

次回は、エンパイアラインについてご紹介いたします。

あなたに似合うウェディングドレスの選び方とは 〜プリンセスライン編〜

前回は、シンプルなデザインが人気のAラインドレスをご紹介致しました。

今回は、プリンセスラインについてご紹介致します。

フォトウエディング

プリンセスラインは上半身はぴったりと体にフィットし、ウエストから裾に向けてふわっと広がったドレスです。
シンデレラのドレスをイメージすると分かりやすいでしょう。
フワフワのスカートは、可愛らしい雰囲気を演出してくれますよ。

また、ボリュームがあるスカートなので、広い式場でも目立ち、豪華さも感じられます。

さらに、ビーチなど屋外の写真撮影は、引きめで海や空を広く取り入れたバックグラウンドの写真を撮ることが多いです。
ですので、シンプルなドレスよりもプリンセスラインのようなボリュームのあるドレスの方が、写真でも大きな存在感を出してくれるでしょう。

国内挙式

プリンセスラインもどんな体型の方でも比較的着やすいドレスですが、特に上半身がぴったりとするドレスです。
ウエストには自信があるという方には、特におすすめですよ。
ふんわりとしたボリュームのあるスカートと、くびれのあるキュッと締まったウエストは、女性らしさを一層際立ててくれるでしょう。

プリンセスラインは、可愛らしさと華やかさを演出したい方にはぴったりですよ。

次回は、マーメイドラインをご紹介致しますね。